教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

私の子どもが生まれた頃は
妊婦検診は無料ではありませんでした。

現在は、14回まで無料で受けられるように
なっています。

住んでいる自治体の窓口に「妊娠届」を出すと、
「母子健康手帳」と「妊婦健康診査受診票(14枚)」
がもらえます。

ただし、里帰り出産した場合
この受診票が使えません。

でも、この受診票を捨ててしまってはいけませんよ?


「妊婦健康診査助成金制度」が利用できます。


里帰り出産や助産院を利用することで、
この受信表を使い切らなかった場合
受診表と引き換えに支給されます。


1回の受診につき受診に要した実費額と
それぞれの上限額とを比較していずれか少ない額
としている自治体が多いです。


また、申請期限も自治体によって違うので、
出産後も長く実家にいる際は郵送するか、
ご主人に手続きをお願いしましょう。

Mother Watching Baby

 

 

 

 

 

 

 


——————————————

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。


※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

semi

 

 

 

 

 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2022年6月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930