教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

インフレってよくわからない…

インフレになると現金の価値が下がってしまうので
将来の計画が立てにくくなってしまいます。

例えば、1000万円の現金があって

将来住宅の頭金にしようと考えていました。

 

ですが、2%のインフレが10年続いたら
どうなるのでしょうか?

 

10年前の1,000万円は、820万円まで減少してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

インフレというのは、昨年の物やサービスの値段対比で
今年の物やサービスの値段が

 

何%上昇したかを示すものなので、
毎年複利で増えていくのと同じことになります。

 

物価が上昇すると現金が目減りしてしまうので
計画的にお金を貯めて買うよりも

 

さっさとお金を使ってしまった方が
良くなってしまうのです。

 

そして皆がお金を使うから、景気が良くなるワケです。

 

実際、ご相談いただく中で、バブルを経験した世代ほど
貯蓄が少ない傾向にあります。

 

モノの価値が上がってしまうので
現金よりもモノを持っている傾向が高いのです。

 

インフレになると平均的な給料は、上がりますが
個々人の間には「格差」があります。

 

インフレになると「格差」社会が進むことになります。

 

現在も数字上では、景気回復していますが

個人の景気が良いとは感じにくく、

 

既に格差社会が始まっていると感じています。

 

実際にバブルの頃は、住宅を買うのに
抽選会がありました。

 

ところが、クライアントとマイホームの現地調査に行くと、

人気のエリアでは「抽選」があるとも聞くようになりました。

 

いまは、資産を増やすチャンスでもあるのです。

 

—————————————

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 

——————————————-

「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

——————————————-

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2020年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031