教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

年収800万円以上の会社員の増税を回避する方法とは?

会社員の「給与所得控除」の見直しについて、
年収800万円を超えると増税になる方向で
調整しているとニュースで見ました。


サラリーマンで年収800万円というと
お給料はそこそこ貰っても
仕事が忙しい人たちです。

働き方改革をしていたのは、
この層から増税するためだったのかと
疑いたくなります。


給与所得控除とは、自営業と違って
経費が自由に使えないサラリーマンのために

年収に応じて経費分として認めますよ
という控除です。

所得控除については、動画で解説していますので
宜しかったらご参考になさってください。


今回の控除見直しでは、個人事業主などの
フリーランスで働く人は減税になります。

そうなると、年収800万円を超えたら
業務委託として、

会社と個別に契約する方が
税制的にはいいのかもしれません。

税金は、お金持ち程多く納めるのですが
サラリーマンは、税務署が所得をつかみやすいのです。

それに対して、自営業者は会社員よりも
認められる経費が多いし、所得もつかみにくいのです。

さらに法人化すると、ひとり社長でも
認められる経費が多くなり、さら税金は少なくなります。

特に、個人事業主では、配偶者を社員とするには
規制が厳しいのですが
法人化すると、それが緩和されるのです。


つまり、自分で働いたお金を
妻や夫、子どもに配分することで節税できるのです。

例えば、年収800万円でしたら
自分のお給料を年収400万円におさえ

配偶者に100万円、子ども達にも100万円
自分の親にそれぞれ50万円ずつ振り分ければ
今回の増税は免れるのです。


どうして、そのようなことが可能なのか?


**詳しく解説した動画教材があります。知りたい方は、コメントくださいね。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930