教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

今年のボーナスはアップそれともダウン?

2013年からボーナスの支給額が上がって
いましたが、今年はどうでしょう?
調べてみました。

日本経済団体連合会調査の
「2018年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)全体では、3.49%増、業種別のトップは
自動車で99万9,968円でした。

ただ、この資料は、東証1部上場、従業員500人以上の
主要21業種大手251社のデータです。

中小企業のデータも探してみました。

東京都産業労働局雇用就業部労働環境課調査の
「2018年年末一時金妥結状況(加重平均)総平均は、1.44%増なので大手も中小も今年はアップしています。

このデータを自分のお勤めの会社と
見比べるだけでは、ダメですよ!

ここにも投資のヒントは隠されています。

ボーナスアップしている業界は
今期に利益が上がったということです。

配当金やボーナスは
利益が上がっていないと出ませんよね。

株式の銘柄を保有しているのでしたら
利益確定の参考にもなりますね。

ボーナスも配当金も両方アップしている
業界や企業は、利益がでている証拠です。

株を「買うのは技術、売るのは芸術」
という格言もあるほどです。

様々な角度から、情報を仕入れましょう!

————————————–
いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31