教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

私立中学に通うご家庭の世帯年収は?

「どうして毎月の貯蓄が必要なのか?」
人生3大費用から考えてみました。

今日は、残りの【2】教育費についてです。


教育費は、かけようと思えば、
いくらでも費やしてしまいます。

子どもの希望に応えてあげたいところですが、
入学してからの格差まで考えてみましょう。


少し古い調査ですが、
文部科学省がまとめた平成20年度子どもの学習費調査までは
世帯年収別の進学先の統計がありました。

例えば、私立小学校の場合

年収は、1,200万円以上のご家庭が
40%以上
を占めています。


私立の小学校では、習い事の平均が月約5万円。

お友達と同じように、習い事をしていたら

世帯年収が1,200万円以下のご家庭では
入学してから家計が苦しくなることが予想されます。

中学校から私立の場合も考えてみましょう。

私立中学に通う家庭の年収の割合です。

600万以上799万円以下     17.1%
800万以上999万円以下      19.0%
1,000万以上1,199万円以下   17.7%
1,200万円以上        32.4%

私立小学校よりも、ハードルは低いですが
年収は高めです。

私立高校になると、年収の差はほとんど無くなります

我が家もそうでしたが、どうしても中学は私立に
行きたい場合は、

この分貯蓄額を増やさなければなりません。

公立中学と私立中学の学費は、以下の通り

・公立中学3年間の平均学習費(塾や習い事含む)は、144万円。

・私立中学3年間の平均学習費(塾や習い事含む)は、372万円。




子どもが中学生になると、生活費も増えてきますので、
節約は難しくなります。

小学生時代から、資金を貯めておく必要があります。

私立の中高一貫校でしたら、中学の2倍744万円と、

大学の費用1,200万円くらいも視野に入れて

おきましょう。

大学の費用は、私立文系の授業料と入学料、
施設設備費の合計です。

小学校の貯め時に、ひとりにつき1,000万円くらいは
貯蓄しておきたいですね。

我が家も学費として2,000万円貯めました!

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829