教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

死亡率より宝くじの当選確率は低い?!

私は20代の頃、1度だけ交通事故に
あったことがあります。

信号のある交差点で青になったので発進したところ
赤信号を無視して交差点に進入してきた車と
衝突してしまったのです。

当時は、携帯電話もありませんでしたから
事故の近くのお店に電話を借りに行ったら

「大丈夫? あなたは悪くないわよ!
私見ていましたから」

と、お店の方に言われたのを覚えています。

何の店だったのかは、覚えていませんが…

ケガもなく、車が壊れただけの事故でした。

車に乗る以上、交通事故の確率はありますので
「保険」に入りますよね?

保険というのは、起こる確率は低いけれど
起こってしまうと高額になってしまうケースについて
かける
ものです。

なぜ、20年以上も前の事故の事を思い出したのかというと
サマージャンボ宝くじの抽選会の報道を見たからです。

生命保険が本当に必要になる確率と
宝くじで1等の1億円が当たる確率どちらが高いのか。

気になってしまったのです。

少し調べてみました。

正確な数字ではありませんが
今年のサマージャンボ販売予定額からの
1億円の当選確率は、2000万分の1
だそうです。

35歳の死亡率は、1,000人につき男性が0.75人、
女性は0.43人
でした。

宝くじの方が少ないですね。

堅実な方は、宝くじを買うよりも
生命保険に加入されている
ことでしょう。

ただし前提を忘れてはイケマセン!

死亡保障は、残された家族のためのものです。

つまり、まだ自分で働けないお子さんが
いらっしゃる場合に必要なんです。

独身の方や、お子さんに死亡保障は必要ないのです。

もしも学資保険で死亡保障がついていたら
外してくださいね。

最近は少ないですが、親に言われて
独身女性でも生命保険に加入されている方は
たまに、いらっしゃいます。

見直してみてくださいね。

 ————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2021年8月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031