教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

家計簿で大事なのは費目内でのヤリクリ!

昨日は、銀行に入ってきたお金と
銀行から引き出したお金の記録を付けること。

それがまず第一歩だと話しました。

銀行から引き出すお金は、固定費ですね。

毎月必ずかかるお金です。
まず、ここでムダがないか考えてみてくださいね。

スマホなどの通信費などは、使い方によって
少なく抑えることができます。

固定費が見えてきたら、今度は現金で管理する
「変動費」について考えてみましょう。

家計簿はシンプルな方が続きます。

ここで大事なのは、固定費は、月1回付けるだけで
大丈夫です。

月末や1日など決まった日に預金通帳から
転載します。

この固定費とは別に変動費の家計簿を作りましょう。

変動費を管理できるようになると
お金が貯まるようになります。

まず最初は、毎日使った金額を入力するだけでも
大丈夫です。

レシートを見て購入したお店の名前と
夕食とか、お弁当用、日用品などをメモします。

なるべくレシートをもらえるところで買物をして
レシートがでない買い物は、手帳やスマホのメモに
記録してもいいです。

毎日が面倒な方は、一週間単位でもいいです。

続けやすい方でやりましょう。

忘れてはいけないのは、収支をわかるように
すること。

銀行からお金をおろしたら、それも記載して
残高が見えるようにしましょう。

エクセルで作れば、自動計算できますね。

2~3ヶ月続けて、お店の名前とメモを
よく見てください。

このメモがあなたの家計の費目になります。

費目が理解できたら、3ヶ月の平均の金額が
その費目の予算になります。

4ヶ月後からは、その費目の予算内で
ヤリクリできるようにしましょう。

我が家の場合は、外食の費用を作ることで
月に1回は、贅沢な外食

他は、美味しくて安いお店にするなど
費用の範囲内でヤリクリすることで

毎月の支出を抑え、赤字が解消し、

積立投資信託でコツコツお金を貯められるように
なったのです!

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930