教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

物価に負けない家計になっていますか?

どうして、株式投資もしくは、
株式に投資する投資信託を家計に取り入れるのか?

少し前のメルマガでも書いたのですが
先日セミナーで話したところ好評だったので
再度お伝えいたします。

まず、「実質金利」と「名目金利」を考えて欲しいのです。

名目金利とは、普段私たちが
目にする表面上の金利です

実質金利とは、名目金利からインフレ率を
引いたものが「実質金利」になります。

実質金利=名目金利-インフレ率

日本のインフレ率を見てみると
2013年は0.36%。14年 2.75%、15年は 0.79%です。

一方、銀行のスーパー定期預金は、年0.010%
普通預金は、0.001%です。

15年のインフレ率で、前述の式に当てはめてみると

実質金利=0.010-0.79

なので、-0.78%となります。

 

 

 

 

 

 

 

実際に計算してみましょう。

銀行に預けた100万円は、スーパー定期で
1年後100万100円
になります。

ところがインフレ率が0.79%なので、
100万円のモノは、1年後100万7900円
値上がりしているのです!

つまり、銀行に預けた100万円では
物価の上昇についていけず、
預貯金だけでは、資産を減らしてしまうのです。

2013〜15年の平均インフレ率が1.3なので
少なくとも、2%以上の利率がある金融商品で
運用
しなくてはなりません。

2%以上なので、大きなリスクを取る投資は
必用ありませんが
預貯金だけでは、資産を減らすことになります。

ガリガリ君の値上げCMが注目されましたが
あなたの家計の資産は、物価に追いついていますか?

※家計とは、1人暮らしでも「家計」です。
家のお金はすべて家計です。

—————————————

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 

——————————————-

「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

———————————–

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31