教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

【連載8】週刊ポストに掲載された理由

昨年ですが、週刊ポストに少しだけ
私のコメントが掲載されていました。

「貯めたお金の賢い『引き出し方』」について
3年前にかいたブログ記事をたどって
取材いただきました。

・投資信託は「定率」で引き出すとゼロにならない
https://amba.to/2LKi4y0

定率で引き出せは、景気の良い時は
たくさんのお金を引き出せるし

景気が悪い時は、引き出せる金額が
少なくなるので、使うお金をセーブすること。

そうすることで、お金を長持ちさせて
使うことができるのです。

取材では、運用で目指すべき「リターン」と
理想的な「引き出し率」についても
聞かれました。

老後は、リスクを取らない運用が
大事という方は多いですが、

私は、老後であってもある程度の
リスクは取るべきと考えています。

もちろん、その場合は、経済の勉強を
するのが前提ですが。

例えば、株価が上昇していった2014年頃は、
株の保有率を高くして

今後期待できるリターンを上げます。

投資ではリターン=リスクです。

リターンを上げることは、
リスク資産を多く保有すること。

すなわち株の保有率を上げるのです。

2014年に株に連動する投資信託を
保有していたら、

大きく増えたでしょう。

ちなみに、私が2014年に投資信託を積立した
運用結果は、30%くらいでした。

翌2015年は、株価がずっと高かったので、
10%くらいのリターンでした。

景気が上昇していく過程では、
30%のリターンはありますが、

統計的には、平均して6~8%と言われています。

7%くらいのリターンは、目指したいですね。

そうしたら、毎月5%引き出しても
2%で運用を続けていることになります。


1000万円の7%は、70万円ですが、
その内の5%の50万円を使っても、

2%の20万円は、運用に回るわけです。

豊な老後を一緒に考えましょう!

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2021年6月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930