教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

【連載9】健康寿命が尽きる75歳以降に備えるために!

昨日に引き続き、昨年週刊ポストに提供した
記事の続きです。

Q:具体的な賢い引き出し方を教えてください

例えば3000万円を運用していたとします。

今年は、3900万円に増えていたとして、
5%引き出すと195万円引き出すことができます。

これを12ヶ月で割って16万2500円ずつ使うのです。

毎月定率で引き出すのは、少し手間なので、
1年に1回引き出して、

それを12ヶ月で割った額を使う方が、
使いやすいと思います。

リターンが高い年は、贅沢をして、

リターンが少ない年は、質素に暮らすなど
メリハリをつけることができますね。



Q:「老後資産〇〇万円なら●%運用で75歳には
△△円になり、◆%引き出していけば75歳以降も安心」
といったシミュレーションまで

ご教示いただければ幸いです 。

これには、金融電卓を利用するといいです! 
モーニングスターというサイトの

金融電卓を活用してみましょう。

一般的に老後の生活費は月額28万円ほどです。

会社員の夫と専業主婦の妻の場合、
1ヶ月の収入は、約20万円ほどなので、
毎月8万円が不足しています。

上記の金融電卓で資金2000万円を
毎月8万円ずつ40年間で取り崩すと

3.7%の利回りが必要とでてきます。



3.7%の利回りは、最低限必要ということですから、
5%くらいで運用したいですね。

老後資産2000万円を5%運用で、60歳から引き出さずに
運用すると75歳には4,158万円になります。

これだけあれば、生活費の不足分と
医療や介護費用もまかなうことができますね。


15年平均で5%の運用は、
ある程度勉強すれば、可能です。

運用するには、いくら年金の不足があって
計画的にお金を貯めて

その金額を得るための金融商品を
選ぶことです。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2021年6月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930