教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

リスク容認度に気付いた時にやる事は?

トランプ氏のツイッターにより

株価が下落していますね。



投資商品は、上がることもありますが
下がることもあります。

この上下する値動きの、

下がったところで買い、上がったところで売る

ことができれば、利益が出ます。


保有している資産が下がっているのでしたら
それは「高く買っていた」ということ。

つまり、買うタイミングが良くなかったのです。

そして、値が下がってしまって「不安に感じる」のは
あたなたのリスク容認度が低い
のです。



リスク容認度が低いことは、
悪いことではありません。

それが理解できたのは、良いことです。

頭で理解しているつもりでも、
実際に自分のお金で運用している資産が
下がってしまうまで、気付けない人は多いです。


リスク容認度が低い場合は、
株式に投資する金額を少なくしましょう。

投資信託であっても同様です。

株はリターンは高いですが、マイナスも大きいのです。

不動産に投資するリートも同様です。

不動産投資は、ミドルリスクミドルリターンと
言われていますが、それは現物不動産のこと。

不動産を証券化したリートは、
現物不動産と違って、簡単に売買できますので
ハイリターン・ハイリスク
です。

では、リスク容認度が低い人が
現在、保有している投資信託をどうしたらいいのか?


保有している銘柄を専門家に見てもらって
今後の見通しを聞き

納得できてマイナスを我慢できる
ようでしたら、保有を続ける。

どうしても、マイナスが気になるのでしたら
専門家に、売却のタイミングを教えて貰ってくださいね。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031