教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

読者さんのご質問にお答えします【2】

昨日に引き続き読者さんのご質問にお答えします。

*まとまった貯金があり、当分使う予定がない場合も、
何ヶ月かに分けて投資するべきなのか?

それとも今はやりのロボアドバイザーに任せて、
一気に投資するべきなのか?

ちょくちょくリバランスできなかったりするのでは?

というご質問でした。
ひとつ誤解されているのは、
積立投資信託は、リバランスできます。

詳しいやり方は、拙書「9マス分散式ではじめる
積立投資信託」の
http://amzn.to/1PPhVGc

180ページに書いてある利益確定のことです。

リバランスとは、利益がでている投資信託を
売却して、いま価格が安い投資信託を買い直すことです。


また、積立投資信託の場合
毎月の購入額を変更することもリバランスに
近いことができます。


また、どうして一括投資をしないのかについて
解説します。

私は投資信託は、すべて積立で購入しています。

なぜかと言うと、未来は誰もわからないからです。

ロボアドバイザーは、確率と統計から
導いた答えを出しますが

それは、過去の統計であって
未来を正確に予測しているわけではありません。

わからない未来に一括で投資するのは
非常に怖いことです。

400万円を一括投資して、万が一株価が大暴落して
購入額の1/2になってしまったら?


投資信託は、注文を出してから
実際に売却するまで、数日間かかりますので

素早い損切はできません。


株価が戻るまで、マイナスを我慢しながら
待ち続けることになります。

特に最近は、大きな理由がなくても
株価は大暴落します。



コンピュータシステムが進化しているので
一定の下落にシステムが反応して
急激に株価が暴落します。


昨年の2月にも日経平均は、1日で1000円以上も
下落したことがあります。

実はリーマンブラザーズが経営破綻した日の
日経平均は、600円程度の下落でした。

当時よりも、下落のスピードは速くなっています。

毎月の積立の場合、まだ購入していない資金は
減りませんよね。

逆に暴落したら、その月だけ買い足すことも可能です。

ちなみに私は、投資信託は積立で買いますが
チャンス! と思った時は

上場している投資信託 ETFで一括買いします。


わかりやすい相場の時だけ、資金を投入するのです。

労働の対価で得た、大事な大事なお金を
予想できない資産に一度に投入するのは怖いです。

現金は、価値が一定ですから、一番安全です。


しばらく使わないお金でも、
様子をみながら投資できるのが、積立投資信託なのです。


※明日は、ロボアドバイザーについて
私の考えを話ます。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031