教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

国の借金は誰が担っているのか?

国の借金は、去年末で1066兆円。国民1人当たり
約840万円の借金になります。

国民1人当たりと報道されることが
多いので、私たちが借金を背負っている
イメージですが

実際には「誰が貸しているのでしょう?」

それには、まず負債の内訳を考えてみましょう。
国の負債は、現金を借り入れしているのではなく
約9割りが国債
です。

つまり、国債をたくさん保有している人が
お金を貸している人
になりますね。

財務省のHPで国債等の保有者別内訳
見てみると

日本銀行、銀行等、生損保等で約80%を
保有
しています。

日銀を除くと銀行と保険になるのです。

日本の借金は、他国と比べて
突出した高さになっていますが

すぐに危機的状況になってしまうかというと
そうではありません。

国内資金で賄われているので
簡単に資金を引き揚げることはありません

日銀が簡単に国債を売却することは
ありませんし

銀行や保険も、国債を売却して
直ちに他の金融商品に乗り換えることは
考えてにくいのです。

仮に国債を現金にかえて、
企業に貸し出しても、必ずお金が戻る保証は
ありません。

金利は低いですが、国債の方が安全なのです。

さて、銀行や保険にお金を預けているのは、
誰でしょう?

銀行や保険にお金を預けている人は
私たちの家計や企業などですね。

つまり間接的に私たちは、国の借金を
担っている
ことにはなるのです。

このように、お金の流れを見ていくと
家計の資産が銀行預金と生命保険なのは
偏りがある事に気付く
はずです。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 

——————————————-

「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2020年9月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930