教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

狙われている「配偶者控除」

働く女性の労働意識を阻害していると言われている
「103万円の壁」。

パートで働く際に所得税がかからない収入の
限度額ですが

この壁をなくすため導入が検討されている
「夫婦控除」をご存じですか?

「夫婦控除」とは、簡単に言うと
世帯の控除額を、夫婦それぞれの年収に関係なく、
夫婦合計で76万円の控除になる制度です。

具体的に計算してみましょう。夫の年収が500万円、
妻が103万円だった場合です。

本来ならば、社会保険控除などもあるのですが
式が難しくなので、省きます。

税金の計算の基本は、「年収-給与所得控除-基礎控除」

現行制度では

夫は、500万円-154万円-38万円-38万円(配偶者控除)
妻は、103万円- 65万円-38万円
控除される額は、38万円+38万円+38万円=114万円です。

ただし、「夫婦控除」が今の考えのままで施行された場合
夫は、500万円-154万円-38万円
妻き、103万円- 65万円-38万円

合わせて76万円の控除しか受けられず税負担が増えるのです。

消費税の軽減導入の方が優先で、現在見送られています。

ですが、配偶者控除から夫婦控除になり
税負担が大きくなったとしたら…

いまからできる、節税対策をしておきたいですね。
—————————————

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

semi

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2020年10月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031