教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

知らず知らずの内に消費している?

消費など人々の身近な経済活動を、
心理学と経済学の両面から分析した
アメリカのシカゴ大学の教授、

リチャード・セイラー氏が
ノーベル経済学賞の受賞者に選ばれました。

セイラー氏は、「行動経済学」の権威として
知られています。

具体的には「ナッジ」という考え方を提唱しました。

「ナッジ」とは、注意や合図のために
ひじで人をそっと突くことを指す英単語

例えばナッジとは、次のような事例です。

レストランのメニューのうち
特定のメニューにのみ「おすすめ」と表示したり

コンビニのレジ前に足跡のシールをつけておき
そこに並ぶよう誘導する
など。

このように、あくまで選択の余地を残しながらも
消費者を特定の選択肢に誘導させるという手法です。

「ナッジ」という言葉を知らなくても
以外と身近で使われている行動科学です。

オバマ大統領が、ナッジを活用を提唱したことで

米国の貯蓄行動を変え退職後の生活を支える貯蓄
の実施率を上げた
例もあります。

マーケティングや営業にも活用されています。

顧客を満足させつつ自社の誘導したい選択肢へと
導く方法なんですね。

メニューに「おすすめ」と書いてあったら
なんとなく選んでしまいますものね。

注意したいのは、上手に「ナッジ」を活用されていると
知らず知らずの内に、消費してしまうこと。

貯蓄額が上がる行動でしたら良いのですが
営業に使われるいる場合には
ちょっと「ナッジ」を意識してみるといいですね。

ノーベル賞を受賞したセイラー氏は、
経済的な意思決定の分析に

経済学と心理学の橋渡しをしたと評価されています。

行動経済学は、今後経済学全体に取り入れられる
可能性があると話している大学教授もいるようです。

あなたも、行動経済学を意識してみましょう!

 ————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031