教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

50代の住宅ローンについて考えてみた

10月はフラット35の新制度に伴い

住宅ローンの金利が上がると、ささやかれていましたが
実際は、それほど上がっていません

 

9月と同水準で変動金利0.447%、10年固定で0.650%

くらいですね。
最近の傾向として10年や20年の固定金利も
金利が低くなっている
ので

特に50代の方は、借り換えを考えてみましょう。

ローンの借り換えには、諸費用がかかりますが
老後に住宅ローンが残っていると
「老後貧乏」
になってしまいます。

特に、住宅ローンを借りる時に
「退職金で一括返済」と思っていた方は
要注意!

退職金の算出が変わってきているのです。

いままでは、「退職時の基本給と勤続年数をベース
が一般的でした。

ところが最近は、能力成果主義を反映するポイント制、
例えば職能ポイント・役職ポイント・人事考課ポイントなどを

採用する企業が増加しており、
退職金の算出式は複雑になっています。

また、60歳で一旦定年退職して再雇用になると
定年前の50〜70%の収入
になってしまいます。

60歳を過ぎてからの老後資金の準備は
難しくなってしまいます。

60歳までに住宅ローンを完済しておくと
再雇用で収入が減っても多少安心
です。

現在の預金金利を考えてみてください。

住宅ローンの金利は下がっていますが
預金金利と比べれば、ローンの金利は高いのです。

余裕資金のないご家庭では
運用に回すお金も少なくなってしまうので

50代はまず「負債」をなくすこと

次に年金で不足する分、既に運用したお金を
利益確定して預貯金に。

さらに余裕資金を長生きリスクのために
運用
を続ける。

そう考えると30代から資産運用をしておくのと
していないのでは、
老後資金に大きく差が開いてしまいます

間違えて欲しくないのは
40代、50代、60代が資産運用しては
いけないということではないですよ?

資産運用、投資をするということは
5年から10年くらい使えないお金
になるということ。

年齢が進むにつれて「使えないお金」が
負担になる可能性が高くなる
ということです。

 ————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 

 

——————————————-

「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728