教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

子どもの銀行口座の注意点をご存じですか?

子ども名義の銀行口座をお持ちですか?

赤ちゃんが生まれると、お祝い金や
お年玉をもらうことも多いですね。

赤ちゃんの頃にいただいたお年玉も
しっかり運用してあげたいですね

まず、子ども名義の銀行口座を作る場合
親(親権者)が代理人となりますので
子どもと親(親権者)双方の本人確認書類が必要です

子どもの本人確認書類は、
健康保険証などで大丈夫です。

また、ジュニアNISAも活用すると考えるのでしたら
ネットバンキングが可能な銀行に口座を作りましょう。

入出金が便利になります。

ジュニアNISAは、基本的に親のNISA口座がある
証券会社で開くと手続きが簡単です

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

 

 

 

 

 

子どもの銀行口座で注意したいのは、
管理についてです。

例えば相続税の調査では、名義にかかわらず、
その口座を管理していた人の財産とみなします

特に注意したいのは、おじいちゃん、おばあちゃんが
管理しているケースです。

通帳や印鑑を祖父母が持っていると
孫の名義でも、管理者である祖父母の財産として
扱われます

祖父母が高齢の場合、念のため聞いておきましょう。
亡くなってからでは、対策できません。

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

 

 

 

 

 

子どもの口座は、お子さんのお金の管理能力をみながら
いずれは子ども自身に口座管理させましょう。

私のところにご相談いただいた方の中には

子どもが自分の銀行口座を勝手に引き出し
手数料が莫大になっている…

など深刻なケースもあります。

お子さんと一緒に、銀行に行き入出金の方法と
手数料がかかる事も教えましょう

—————————————

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

semi

 

 

 

——————————————-

「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

——————————————–
 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031