教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

貯金の安全性について考えたこと、ありますか?

貯金の安全性について考えたことはありますか?

「安全性」とは、言い換えると「お金が減らない」
ということ
です。

この「お金が減らないけということは
元のお金の「額面が減らない」という意味です。

例えば預金は、先日もご紹介したペイオフ制度
金融機関が破綻した場合でも

1人につき1000万円までの元本と利息を
保証されます。

100万円の預貯金が98万円になってしまうことなど
あり得ないですね。

ところが、お金の価値から考えると「貯金」は
安全なのでしょうか?

お金の実質価値を考えないといけません。

例えば100万円の普通預金をしている間に
インフレが進んだ場合

100万円の実質価値は下がります。

1年前に100万円で買えたものが
インフレで値上がりしてしまったら
100万円では買えませんよね?

逆に、デフレが進んだ場合は、実質価値は上がります。

デフレとは、モノの値段が下がるので
1年前は100万円したものが、
値下がりして98万円になる
ということです。

待っていれば値段が下がるので
皆値段が下がるまで買わなくなり
普通預金の価値は上がります。

いままでは、長くデフレ経済でしたが
今はどうなのでしょうか?

現在のインフレ率は、0.8%と言われています。

つまり、100万円のモノは翌年に買うと
108万円になるということ
です。

一方、預貯金の金利は0.001%なので
普通預金に100万円いれていても
来年は、同じモノが買えなくなるということです。

なので、最低限でも資産の10%は
リスク資産に変えていないと、
資産が目減りしてしまう
ということです。

リスク資産とは、株式や債券、不動産のことで、
それぞれに投資する投資信託も含まれます。

預貯金だけに資産が集中している人は
収入も毎年1%以上増やすか
投資を取り入れることが必須
なのです。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031