教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

万が一証券会社が破綻したら?

昨日は、投資信託の3つの良い点を紹介しました。

では投資信託は、どこで購入するといいのでしょうか?

証券会社で購入するのが基本です。

銀行や郵便局でも投資信託を購入することが
できますが

手数料の事を考えると証券会社、特にネット上の
証券会社が格安です。

でも、万が一証券会社が倒産してしまったら
投資信託はどうなってしまうのでしょうか?

まず、投資信託の仕組みを理解しましょう。

投資信託は「投資信託運用会社」で作られ、
証券会社などの「販売会社」を通じて販売されます。

その集めたお金を「信託銀行」が保管管理しています。

「販売会社」は、投資家と投資信託をつなぐ
「窓口」の役割です。

直接運用会社から買付することはできません。

「投資信託運用会社」は、投資信託を設計する会社です。

設計だけでなく、その後の運用も経済・金融情勢など、
さまざまなデータを収集・分析し

専門家がノウハウを駆使しながら、どの資産にどうやって
投資するのかを考えます。

投資信託の取説とも言える目論見書には「委託会社」と
書かれています。

ところが、実際に株式や債券などの売買や管理するのは、
信託銀行です。

目論見書では「受託会社」と書かれています。

ちょっと分かりにくいのですが、
販売・運用・資産の保管などの業務を

それぞれ専門の機関が行うのです。


万が一販売会社である証券会社が破綻した場合

投資家から預かったお金は
信託銀行に移されていますので

販売会社がお金を持つことはありません。

なので、証券会社の破綻の影響は受けません。

持っている投資信託は別の販売会社に移し、
売買を続けることもできるのです。


明日は、運用会社や信託銀行が
破綻した場合について話しますね。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2020年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031