教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

安売企業がノルウェイのGDPより儲けている理由

世界最大のスーパーマーケット・小売りチェーン
「ウォルマート社」は
2015年だけの年収益は4860億ドルだそうです。

この収益は、ノルウェイのGDP 3976億ドル、
ベルギーのGDP 4587億ドルを上回り
ます。

ちなみに日本のGDPは、4兆1232億ドルです。

ウォルマートと言えば、徹底した「安売り」のスーパー。

日本での戦略は上手く行かなかったのですが
世界28カ国に1万1500店舗を運営しています。

安売りの会社が儲かるのか?

ホームセンター向けの経営誌の編集をしていた頃
素朴に疑問を抱いていたのですが

安売りのホームセンターって儲かっているのです。

優良銘柄を探している時も
ホームセンター企業は名を連ねます。

多店舗経営で、仕入れが膨大なので
さらに仕入れ値を安くでき

他社がマネできない低価格で圧倒的な
価格破壊で集客をする。

単純ですが、規模が大きければ
収益が上がるのです。

ホームセンター向けの経営誌の同じ編集者で
経営者のお宅を取材した同僚は

あまりにものお金持ちで、
ビックリしたと言っていました。

別荘で取材したらしいのですが
邸内にカートレースができるコースや

巨大なログハウスが、男のロマンを感じると
大絶賛でした。

ただ私は、店舗取材をしていて
1円でも安いものを探す、低所得層の顧客を見ているので

その格差を考えずにはいられれませんでしたが…

経営誌なので、ホームセンター企業の
各決算書も読まなければいけなかったのですが

結局利益率が良いのは、こだわりは少なく
薄利多売している企業
でした。

もちろん、低所得者には「安く買える」ことで
メリットを供給しています。

そして一番人口が多いのが、低所得者なのです。

ターゲットが多い層に受け入れられる
メリットを供給する
こと。

大企業の経営ってそういうモノなのだと
思い知らされたのでした…

 

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 

 

——————————————-

「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031