教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

投資信託の「基準価格」ってどういうモノ?

投資信託ってよくワカラナイ!
と、言う理由に「基準価格」があげられると思います。

この基準価格って、株価とは性質が違います。

毎日1回しか算出されません。

計算式は「基準価額=純資産額÷受益権口数」なのですが
これもわかりにくいですね。

投資信託の純資産額ってナニ?
と、なってしまいます。

純資産額とは、投資信託の保有している株や債券、現金など
から運用管理費用などを差し引いた額のことです。

受益権総口数は投資信託を購入した投資家が
保有する口数の合計です。

しかも、投資信託は買付を入れてから
すぐに購入されるワケではないのです。

なので、購入時価格はわからないのです。

どうして、そんな解りにくいモノが
初心者に向いているのですか?

と、思われるかもしれません。

私は、投資をやったことが無い人の場合
まずは、価格が毎日変動することに慣れるために
投資信託をおススメしています。

何故かと言うと、資産が分散されているので
「ゼロになりにくい」からなんです。

とは言っても、大きく減らすこともあるのは
事実です。

投資信託の良いところは
1000円など、少額からチャレンジできること。

投資したことない方は
まず「価格が変動する金融商品」に慣れ必要があります。

その点を考えると、
なくなっても良い金額からチャレンジできる
投資信託は、初心者向きともいえるのです。
—————————————

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

semi

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031