教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

金利のニュースに注目していますか?

積立投資信託は、一定額を毎月積み立てることで
未来予測のいらない、投資と言えます。

ただし、未来予測をまったくしなくていいのか?

というワケにはいきません。

ある程度予測することで、リターンは
各段に上がります。

つまり、株価が高い時に利益確定をして
株価が下がった時に買えば

リターンは大きく上がります。

積立投資信託だったら、プラスになっている
資産を売却して、

あまり増えていない、資産を購入します。

例えば、日本株の投資信託を売却して
日本債券の投資信託を購入することです。

つまり、リバランスすると
リターンが大きく上がるのです。

ただし、決まった日にリバランスするのではなく
経済の潮目を見て、リバランスした方が

各段にリターンが高くなることをおススメしています。

拙書「9マス分散式ではじめる積立投資信託」
http://amzn.to/1PPhVGc

で、その方法をお伝えしています。

拙書で注目すべきは「金利」としていますね。

アメリカのFOMCや欧州ECBは、金利等に対する発表を
しています。

これらのニュースに注目することですね。

量的緩和とは、簡単に言うと
通貨の供給量を増やす政策のこと。

金利が上がれば、株などの不安定な資産ではなく
預金に資産を変える人が多くなります。

そうなると株は売られるので、
株価が下落するということなのです。

この辺りを考えて、資産配分を変えても
良い時期なのかもしれませんね。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031