教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

iDeCoの制度をご存じですか?

昨日セミナーでiDeCoの説明をしたのですが
制度自体をご存じない方がいました。

金融機関の広告も目にしますが
まだまだ、知らない方は多いと実感しました。

NISA制度と違ってiDeCoは、自分でお金を出して
自分の年金を運用する制度です。

自分年金だからこそ、掛け金が全額所得控除
になります。

そこがNISA制度と大きく違うところです。

そもそもNISA制度は、投資による利益の税率の
軽減措置が終了したかわりにできた制度です。

少額の投資には、課税しない口座なんです。

このような国の制度を活用しないのは、
本当にもったいないことなんです。

株式投資でせっかく利益を得ても
20%と復興増税分が差し引かれると
手残りは少なくなってしまいます。

iDeCoは、掛け金が全額所得控除になることと
受取る時も税金のメリットがあります。

受取る時は、「公的年金等控除」「退職所得控除」
の対象になりますので納める税金が
ほとんどなくなります。


こんなに、お得な制度は使わないと
本当にもったいないのです。

しかも、早ければ早くやった方がいいのです。

職業により掛け金が違い公務員では、1万2000円、
企業にお勤めの会社員は、2万3000円、
自営業の方は、6万8000円、
専業主婦の方は、2万3000円と少額です。

掛け金は60歳までしか、入れることができません。

早く始めれば、それだけ多く掛け金をかけることが
できるのです。


その話をすると

「もう、50代だから遅いのでしょうか?」

と、必ず聞かれるのですが、

たった2~3年でも、自分のお金を運用して
税金が戻ってくることはありませんので
やった方が良いのです。

年収にもよりますが、20%も税金が戻るのに
1年でもやらないのは、もったいないですよ!

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031