教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

お金を増やす節税を活用しよう!

個人事業主や経営者が考える節税は、
税金を払わないための節税になってしまっています。

例えば高級車を購入したり、
必要のない経費を使った「お金がでていく」節税です。


「税金を払うのは損だ」

・・・確かにそういう考え方もあります。

 
でもよく考えて欲しいのです。

事業の目的は、税金を払わないことではありません。

 

さらに、引退時の資産形成は必要ですし、
非常時の事前対策として蓄財しておかなければなりません。

 

日本の税制では、事業で現金を残すためには
税金を支払う仕組みになっています。

本当の節税は「税金を少なく払って、現金を多く残す」
ことなのです。


経営者の場合、よく勧められる節税は
小規模企業共済や法人保険ですね。

ただし、この2つでは「お金を増やすこと」は
できないのです。



節税しながらお金を増やすには
「確定拠出年金」を利用すること。

投資信託で運用できるので
お金を増やすことができます。


また、利益が上がっている法人ならば
法人で確定拠出年金に加入することもできるのです!


また、事業を大きくするには「資金調達」が重要です。

日銀がマイナス金利を導入した目的は
企業に借り入れを増やすことなんです。


政府も「借り入れ」することを後押ししていて
お金を借りることで、

国からお金をもらうことができるのです!


国が本腰をあげて動いている絶好の機会が
「今」なのです。

借金=悪と考えている方もいますが

借り入れをすることで、国からお金を貰い
さらに、節税にもつながるのです。


借入金は、売上ではありませんので
税金はかかりませんしね。


借り入れは、大きな会社がやることではなく
1人社長のような中小企業でも活用できます!

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31