教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

投資で払った税金が戻るのか詳しく説明して?

読者さんから、ご質問が届きました。

——————————-

投資の損益を確定申告すると、
投資で支払った税金が戻るのか、
詳しく説明してほしい。

——————————-

税務は、基本を理解すると難しくありません。

基本は、利益が出たら税金を納めることです。

投資の場合は、損が出たら利益分を差し引ける
ようになっています。

ただし、もともと非課税口座である、NISA口座の利益は
差し引くことができません

例えば、課税口座の特定口座で20万円の損失がありました。
NISA口座では、40万円の利益がでました。

この場合、確定申告しても損益通算できません。




課税口座内でしたら、損益通算できます。

例えば、A証券会社の特定口座の20万円の損失と
B証券会社の特定口座の40万円の利益は
確定申告することで損益通算できます。

課税されるのは、40万円-20万円=20万円になります。


同じA証券会社の特定口座内で、損失と利益があれば
証券会社が損益通算の計算をしてくれ、税金も納めてくれます。



次に、確定申告すると戻る金額(還付金)の
考え方です。

B証券会社の特定口座の利益40万円分税金を
20%とすると8万円です。

※計算を簡単にするために復興増税分は入れてません。

ところが、損益通算すると利益は20万円になるため
税額は、その20%の4万円になります。


特定口座の源泉徴収アリを選んでいると

証券会社の方で、8万円をすでに納めているので
確定申告することで4万円が戻って(還付)きます。


少しややこしいかもしれませんが
毛嫌いしてはいけませんよ!

先日、上海に住んでいる友人と話していたら

「中国は、1円でも利益がでたら課税される」

と、話していました。


日本の税制は、控除を用意してくれているのです。
※控除とは、収入から差し引ける金額です。


有難く活用しないと、もったいないです。
--------------------------------------

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31