教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

借入の計画を立てると国から補助金がもらえる?

私のクライアントの中には、法人を運営している方もいます。

法人化して、会社を大きくしようとすると融資が必要になる時があります。
なぜなら、売上が上がっていても
実際に入金されるのは、翌月もしくは翌々月に
なってしまうと資金繰りが滞ってしまいます。

売上が入金される前の支払いには
お金を借りることも必要なのです!


融資を受ける時に、金融機関が調べるのは

「この会社は、本当に貸したお金を
返してくれるのか?」

と、いうことです。

なので、お金を借りるには
下記の要件が必要なのです。

1)返済している実績がある
2)返済できるくらいの資金を持っている
3)専門家に手伝ってもらって、
 事業計画がしっかりしている

この内の3)専門家に手伝ってもらって
事業計画がしっかりできている。


この件を上手に使ってくださいね。

計画を立てて、金融機関から借り入れをすると
専門家に支払った金額の2/3を国から貰えるのです!

金融機関からお金を借りることを
国は勧めているのです。


そもそも会社とは、資金を集めて
モノやサービスを作り、利益を上げるものです。


私は、株式投資をする時に
この資金繰りについてよく調べます。

利益は、会計操作ができるのですが
資金繰りについては、通帳にある数字なので
信頼できるからです。


そうして、企業の会計を調べていると
ある程度負債がある企業の方が、利益率が良かったりします。


つまり、良い借金をしているということ。

会社を回していくには、借入も必要になるのです。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31