教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

70代で住宅ローンが完済できていない?

先日FP協会での勉強会で、先輩FPが話していたのですが
70歳になっても住宅ローンが完済にならない人が
増えている、らしいです。

高齢者は、賃貸住宅の審査が厳しくなりますので
慌てて購入したのか…

理由まで先輩から聞いていませんが
複数人から相談があると話されていたので
一定の割合でいるのでしょう。



私も大家業をしていますので
高齢者の場合は、気になります。


なぜなら、入居者がその部屋で亡くなった場合は
その後の物件価値が気になりますし

単身の高齢者の場合、賃貸保証人が
見つからないケースがあります。


一旦賃貸契約が成立してしまうと
大家側から退去をお願いするのは、

法律的に難しいので審査を厳しくする必要が
あるのです。


私のアパートでは、保証会社に入っていただくことで
単身高齢者も受け入れていますが
そうではない大家さんもいるでしょう。

それを危惧して、持ち家を購入した結果
70代でも住宅ローンが残っているのかもしれません。


いまの年金制度は、ちびまる子ちゃんの時代のように
おじいちゃん・おばあちゃんが子どもの家に住む
前提で考えられています。

つまり、年金に家賃分は含まれていないのです。

70代でローンが残ると生活費を圧迫します。


住宅は、結婚や出産を機に考える方が多いですが
未婚であっても、30代のうちに
物件を購入するか・どうかを考えてみてくださいね。

住宅ローンは、35年と長いので
30代になったら、一度考えておくべきなのです。


高齢化時代ですから、単身者やご夫婦だけの世帯も
増えるでしょうから

1LDKや2LDKの需要も、今後はあると私は思っています。


立地は考えないといけませんが
未婚でも、30代でしたら物件を
検討しておくといいですね。


住宅ローンに頼らずに、貯蓄して購入したいと
考えている人もいますが

住宅ローン控除など、マイホーム取得には
税制面での優遇が多いのです。


**追伸

もちろん、マイホーム購入の相談も承っています!
--------------------------------------

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31