教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

「連れ安」や「連れ高」を上手く利用するコツとは?

株価は、上がったり下がったりしますが

注目が集まっている業種のトップ企業の株価が
上昇するとき、同業種のほかの銘柄も
つられて高くなること
があります。

そのような状態を「連れ高」といいます。
逆のパターンの「連れ安」もありますね。

わかりやすいのは、日経平均に連動する銘柄。

日経平均に採用されている銘柄が
同じような値動きになることはあります。

または、同業他社同士で連動するケースもあります。

メガバンクなどは、比較的連動しやすいですね。

証券会社のデイリーニュースでも
よく取り上げられています。

ニュースを見て、同業種の中で遅れて上昇する
銘柄もあり、それは「出遅れ銘柄」と
言われています。

私は基本的には、長期投資なので
「連れ安」を追いかけたり、

「出遅れ銘柄」を狙って購入するということは
あまりしないのですが
業種の動向は、よく見るようにしています。

利益確定のタイミングを見るためです。

保有している銘柄が出遅れていれば
そのうち値上がりする
かもしれません。

1.2倍や1.5倍になったら売るなどの
売却のシナリオは立てていますが
業種のニュースもチェックしています。

チェック方法も簡単です。

日経平均株価が上昇した時に、
まずその日の値上がり率が
高い銘柄をチェック
します。

次にランキング上位の銘柄を調べて
なぜ値上がりしているのか、ニュースを見ます。

業種全体的な理由でしたら
保有銘柄も上昇するチャンスです。

そのような兆候があったら、
保有銘柄のチャートをチェックして

今後の上昇が見込めるようでしたら
売却の準備をします。

利益確定は難しいという方はいますが
シナリオを作っておけば
難しいことは、ありません。

 

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi

 

 


「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031