教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

アノマリーはあなどれない?

東京証券取引所の株の取引時間は、
9時〜11時30分を前場(ぜんば)といい

後半の12時30分〜15時を後場(ごば)と言います。

この時間帯に株を売りたい人が出した注文を
取引所のコンピュータが瞬時にセットして
売買を成立させます。

ただし、注文自体はネットを使えば
ほぼ24時間予約注文はできます。

平日の昼間なので、お勤めの方は
取引できない、ということはありません

ただし、証券会社によっては
15時終了後数分〜数時間

注文が入れられない時間も
ありますので、ご注意くださいね。

株取引をしていると、何となく肌感覚で
前場のお昼近くに株価が上がります

後場で急落するケース
よくあることがわかります。
また、曜日によっても株価の値動きの
パターンが違います。

月曜日は株価が下がる傾向が高く感じますし
金曜日の株価は上がる傾向があります

日経平均株価が2万円を突破したのも
金曜日
でしたね。

少し気になったので、曜日による株価の変化を
インターネットで調べてみたら

曜日効果について検証している方の記事が
たくさん検索されました。

曜日効果のようものは「アノマリー」と言って
はっきりとした根拠はないのですが
よくあるパターンという経験則のこと

私も経験則上、月曜日に株を買って
金曜日に売却すことが多い
です。

特に狙って月曜日に買っているのではなく
毎日、指値(さしね)注文していると
月曜日に成立することが多いだけなのですが…

指値注文とは、あらかじめ〇〇円で買うと
予約を入れて買う方法です。

この他成行(なりゆき)注文があり、
今すぐこの値段で買うという注文方法です。

買う時だけでなく、売却時も同じです。

売る時も、毎日指値を入れておくと
金曜日に成立することが多い
です。

なんとなく月曜の後場で買って
金曜の後場で売ると覚えておくと

少しだけですが、株の売買成績が
上がるかもしれませんね!

 ————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ
semi
 

——————————————-

「9マス分散式ではじめる積立投資信託」を購入すると
特典がもらえるキャンペーン実施中

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30