教育費と老後資金を上手に貯める方法を教えます

menu

たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

子どもに節約を教える時に言ってはいけない言葉とは?

お子さんに節約を教える時に

「無駄使いしてはダメよ!」って、言っていませんか?

ついつい、子どもに「〇〇してはダメ・いけません」と
言ってしまいがちですが

脳は否定形を理解できませんので
〇〇の部分をまず思ってしまいます。

「ピンクの象を想像しないでください」

と、言われたらピンクの象を想像してしまうように
~ダメ、~しないで、~いけません 
と、注意しても逆の行動をとってしまうのです。

なので、節約を教える場合は「お金は大事に使ってね!」
が、正解です

何度か話していますが「節約」は、
生活習慣を変更するモノなので
辛い節約は長続きしません

赤字家計の方から

「食費を削らないといけないでしょうか?」

と、相談されますが
食費の節約は、むしろ最後の砦と思ってください。

まずは、他のモノで代用できることから
始めましょう。

我が家では、使い捨てコンタクトを辞めて
メガネにしたりしました。

これだけで、年間5、6万円節約できます。

車を軽自動車に変えると、
もっと大きく節約できますね。

「見栄」を張っている消費を見つけて
代用してみましょう

また、携帯やスマホの料金の見直しも
定期的にするといいですね。

まず、現在の生活習慣を変えずに
費用が安くなるモノを徹底して変えてください。

食費の節約は、買うのを我慢するのではなく
「食材ロス」を徹底しましょう。

購入して、消費期限内に食べきらないのは
「お金を捨てている」のと同じです。

特に調味料などは、やってしまいがちなので
意識して使ってみましょう。

————————————–

いつも川畑明美のブログをご覧いただき、
どうもありがとうございます。

実は、読むだけで投資の基礎がわかる
無料のメールセミナーを公開しています。

セミナーも、きっとあなたのお役に立てることと
思いますので

もしよろしければ、受講いただけると、
とてもうれしく思います。

おかげ様で「知らなければ損をしていた」と好評いただいております。

※投資の基本がわかって、お金を増やすことができる

semi

「お金を殖やす基本5ヶ条」購読はコチラ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`buzzurl` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2022年5月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031